スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエットも美肌も“サイクル”を活用(その5)

ゆっくり楽しく簡単ダイエット / ダイエットニュース (11) / ダイエットニュース (13)

日経WOMANの記事を取り上げ引用します。
記事のタイトルは、「ダイエットも美肌も“サイクル”を活用―月経リズムでハッピー&キレイをつくる!」です。
参考になるようであれば嬉しいですね。。。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
4.ノンビリ期(黄体期/無理をせずリラックスモードで)

排卵後から上昇した基礎体温は36.5~37度前後が続く高温期に入る。黄体ホルモンの分泌量が増加し、体は水分や栄養分をため込むモードに。無理なダイエットはせず、リラックスして過ごしたい。「イライラに悩まされる人は、バナナや牛乳に含まれるトリプトファンというアミノ酸を積極的に摂って改善を」(松村さん)。

○Work(計画の見直しやチェック期に)
「左脳が優位だった卵胞期、排卵期に比べ、右脳が優位になる黄体期。立てた計画を見直したり、じっくり思索する時期に」(松村さん)。黄体ホルモンの影響で眠気やだるさを感じる人も多い。無理のない仕事のペースを保って。
○ダイエット(スィーツの食べ過ぎに注意)
黄体ホルモンの影響で血糖値の上下に過敏になり、甘いものに走りがちな時期。「スイーツの食べ過ぎはさらに血糖値を乱降下させ、太りやすい体に。ストレス解消のために和菓子をひとつだけ食べる、黒砂糖のお菓子にするなど気を配ってほしいですね」(松村さん)。
○スキンケア(敏感肌もOKのUVケアを)
「月経前のお肌は刺激に敏感。使い慣れたコスメでケアするか、レスキュー的に敏感肌用のコスメを常備しておくのもいいですね」(友利さん)。黄体期は紫外線に過敏になるため、シミができやすい。低刺激のUVケア下地を欠かさずに。
------------------------
この人たちに聞きました
------------------------
松村圭子さん
婦人科医・美容皮膚科医

95年広島大学医学部卒業。同大学医学部付属病院産婦人科学教室を経て、07年にらら女性総合クリニックの院長に就任。女性の体と心の不調をトータルにケアするオーダーメードの診療を提唱する。
------------------------
友利新さん
皮膚科医・内科医

東京女子医科大学卒業。スキンサポートクリニック渋谷医院などで治療に当たるほか、テレビや雑誌のコメンテーターとしても活躍。著書に『28日サイクルできれいになる美肌暦』(青春出版社)。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
これで日経WOMANの当該記事の引用を終わりますが、「体のサイクルと美容及びダイエット」の記事が参考になるようであれば嬉しいですね。。。

By J.S. in Apr., 2009
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
スポンサードリンク

相互リンク 検索エンジン登録
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
スポンサードリンク
Related Link
Related Link 2

相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

SEO対策ならSEO Studio

相互リンク・探索マン

相互リンク

相互リンクPRO

相互リンク 募集ドットコム

相互リンクGoGo

自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

相互リンクドクター!アクセスアップ

相互リンク99

相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

相互リンクなら相互リンクサーチ!

相互リンクプラザ

SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
最新コメント
Counter
Online Counter
現在の閲覧者数:
リンク
プロフィール

jazusa

Author:jazusa
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。