スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加湿器病に御用心???

All Aboutの記事を取り上げておきますね。。。
記事のタイトルは、「超音波式加湿器は買い替えましょう 加湿器病に御用心」です。
加湿器病って耳慣れない言葉ですが、超音波加湿器を使用する場合に発生する可能性があるとのことです。
加湿器の掃除により防止することが可能なようです。
でも、ついつい「水を補充するだけ…」というのは人間心理ですよね。。。
使ったいる方はご用心、ご用心…ですね。
============
記事の一部引用
============
超音波式加湿器は買い替えましょう 加湿器病に御用心

加湿器は、冬の室内での乾燥を緩和させて、皮膚の乾燥の予防、乾燥性の結膜炎の予防、インフルエンザの予防に役立っています。一方、加湿器の普及に伴って、加湿器病(加湿器熱、加湿器肺)というアレルギー性の肺の病気が問題となっています。加湿器病を予防するには、加湿器の清掃が重要です。そして、旧式の超音波式の加湿器を使っているならば買い替えましょう。

◎加湿器病はアレルギーによる病気です

超音波式の加湿器は、加温しないために蒸気による熱傷の事故の心配がありません。そして、構造が簡単なので安価にできます。運転中の騒音も静かです。水がなくなれば継ぎ足しすることもできます。
ところが超音波式の加湿器には予期しない欠点がありました。水が汚染されやすいという欠点です。

一番目は、超音波による振動のために水道水中の殺菌成分の塩素が早く空気中へ飛んでしまうので、塩素による殺菌効果がなくなってしまう構造上の問題です。

二番目は、仕様書には、清掃を定期的にすべきと書いてありますが、電源を入れたままで水を継ぎ足すことができるので、ついつい清掃がおろそかになってしまう使用方法の問題です。その結果、タンク中や本体の水に細菌、カビなどの微生物が繁殖しやすくなり、その微生物を食べるアメーバも繁殖します。
超音波式の加湿器は、大きな粒子を飛ばすことができるため、増殖した微生物を空気中にばら撒く結果となってしまいました。加湿器によってばら撒かれた微生物を肺に長期間吸い込むとそれに対するアレルギーができてしまいます。

加湿器病は専門用語では過敏性肺臓炎と呼ぶアレルギー性の肺の病気です。症状としては、風邪と似た咳・発熱・悪寒・全身倦怠感などですが、アレルギー反応が激しい場合には呼吸困難を起こすこともあります。加湿器を使用することにより病気を予防するつもりで病気を引き起こしたのが加湿器病です。
============
By J.S. on Mar 7, 2010
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
スポンサードリンク

相互リンク 検索エンジン登録
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
スポンサードリンク
Related Link
Related Link 2

相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

SEO対策ならSEO Studio

相互リンク・探索マン

相互リンク

相互リンクPRO

相互リンク 募集ドットコム

相互リンクGoGo

自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

相互リンクドクター!アクセスアップ

相互リンク99

相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

相互リンクなら相互リンクサーチ!

相互リンクプラザ

SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
最新コメント
Counter
Online Counter
現在の閲覧者数:
リンク
プロフィール

jazusa

Author:jazusa
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。