スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーキングがもたらす効果

私たちが、身体を移動する時に行う「歩く」という動作は、無意識に行っていますが、
実は、大変高度なテクニックを要する行動といえます。
近年、「二足歩行のロボット」を開発したチームの話を雑誌で読んだことがあります。

○「歩く」ことは、高度なテクニックを要する

歩くときは、重心を保つ必要があります。
それには、様々な関節や筋肉を効果的に使わなければなりません。
無意識に行っている私たちのこの「歩行」という動作は、高度な運動能力が必要であるテクニックであり、人間のみが行う事ができる特殊能力ともいえるのです。

 

 

http://kahansin.yaseruz.net/img/ilm16_ac02002-s.jpg

○ウォーキングによって得られる様々な効果

この時の適度な運動のなかで、よく勧められるのがウォーキングです。
ウォーキングは誰でも行っている動作でありながら、正しく行うことにより、多くの効果を得ることが出来る運動です。
下記に、その効果の一例をご紹介します。

■身体的効果

血流量アップ、脳細胞の活性化、脂肪燃焼ダイエット効果、
筋肉量アップ、コレステロール値低下、免疫力アップ、ホルモンのバランスを整える、
骨密度アップ、むくみ解消、冷え性の改善、内臓の働きを活発にするなど

■精神的効果

リラックス効果(自律神経の調子を整える、脳の疲れをとる)
歩行で移動することにより、行動範囲が広がり、新しい発見をしたり、社会生活も広がる
脳も活性化する

○自分の体調にあわせてウォーキングを楽しもう

体調にあわせて、距離や速さを調整して行いましょう。
大切なのは、続けること!

http://kahansin.yaseruz.net/img/csnn031-s.jpg

無理のないウォーキングを継続的に行うと、次第に体型の変化に気がつきます。
緩やかな速度でダイエットした体形はリバウンドが少なく、食事量を増やしても元の体型に戻りにくい状態となっています。

「老化は足から」というように、身体の土台である下半身の筋肉が低下すると行動に支障をきたします。
ウォーキングを継続することにより、適度な筋肉をキープすることが可能となります。

By J.S. on Feb 24, 2010
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
スポンサードリンク

相互リンク 検索エンジン登録
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
スポンサードリンク
Related Link
Related Link 2

相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

SEO対策ならSEO Studio

相互リンク・探索マン

相互リンク

相互リンクPRO

相互リンク 募集ドットコム

相互リンクGoGo

自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

相互リンクドクター!アクセスアップ

相互リンク99

相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

相互リンクなら相互リンクサーチ!

相互リンクプラザ

SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
最新コメント
Counter
Online Counter
現在の閲覧者数:
リンク
プロフィール

jazusa

Author:jazusa
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。