スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイエット野菜の種類

ダイエットを成功させるためには、野菜の栄養パワーを有効に利用するのが近道だと思います。
野菜の栄養を余すところなく利用するためには、野菜毎の栄養成分の特徴を知っておく必要がありますよね。。。
そこで、野菜に含まれるダイエット有効成分、カロリー、ダイエットに利用するためのヒントや、栄養成分を減らさない保存方法などを調べてみました。
野菜は低カロリーだから、お腹いっぱい食べても大丈夫。
その上、美肌、便秘、冷え性も解消してくれるんです。
嬉しいですよね!

生活習慣病予防のために厚生労働省では、一日350gの野菜を食べることを推奨しています。ダイエットの場合はそれより多い、400から500gを目安に食べると更によいでしょう。

◎野菜の分類

*いも類

By J.S. on Feb 22, 2010

 


でんぷんが主成分なので、主食としても利用できる野菜です。
穀物よりも、カロリーが低いです。
食物繊維やビタミンCを豊富に含んでいて、加熱してもビタミンCの損失量が少ないのがすばらしい点です。

さつまいも
さといも
じゃがいも

*淡色野菜

クセが少ない野菜が多いので、たくさん食べられます。
ビタミンC、ミネラル、食物繊維の宝庫です。

キャベツ
きゅうり
大根
玉ねぎ

*緑黄色野菜

βカロチン、ルテイン、リコピン等のカロチノイドを豊富に含んでいます。
これらの成分は、抗酸化作用が強くお肌の日焼け防止や、細胞の老化防止の効果があるといわれています。

ホーレンソウ
ピーマン
オクラ
しそ

◎野菜の調理法のコツ

*生で食べる

水溶性ビタミンの、ビタミンCやビタミンB群を多く含む野菜は生で食べるのがオススメ。

*茹でる・煮る

温野菜にすると野菜の水分が抜けて、量が減るので、たくさんの野菜を食べることができます。
栄養分が流れやすくなるのが欠点ですが、スープなどにすると、流れ出た栄養分を無駄にせず、食べられます。

*蒸す

湯や水に晒さずにすむので、野菜のうま味成分や栄養分を逃がさない調理法です。
温野菜サラダにするなら、茹でたり煮たりするよりオススメです。
また油も使わないのでカロリー面でも理想的です。

*炒める・焼く

脂溶性ビタミンのビタミンAやビタミンEを多く含む野菜の場合、
油と合わせて調理することによって、カラダへの、栄養成分の吸収効率を高めます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
スポンサードリンク

相互リンク 検索エンジン登録
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
スポンサードリンク
Related Link
Related Link 2

相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

SEO対策ならSEO Studio

相互リンク・探索マン

相互リンク

相互リンクPRO

相互リンク 募集ドットコム

相互リンクGoGo

自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

相互リンクドクター!アクセスアップ

相互リンク99

相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

相互リンクなら相互リンクサーチ!

相互リンクプラザ

SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
最新コメント
Counter
Online Counter
現在の閲覧者数:
リンク
プロフィール

jazusa

Author:jazusa
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。