スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小松菜のレシピ / 小松菜の煮びたし

小松菜のレシピを紹介しますね。。。
小松菜は、江戸時代初期から、東京の小松川地区(現在の江戸川区)で栽培されており、五代将軍徳川綱吉が、地名にちなんで「小松菜」と名付けたといわれています。
現在では通年手に入りますが、本来の旬は冬。
そのため、「冬菜」、「雪菜」の別名もあります。
成分はホウレンソウに似ていますが、実は、ホウレンソウより栄養価が高いすぐれた緑黄色野菜です。
カルシウムはホウレンソウの3~5倍も含んでおり、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防に有効。
しいたけ、レバーなど、ビタミンDを含む食材といっしょにとると、カルシウムの吸収率が高まります。
また、ベータカロテン、ビタミンC、鉄分なども豊富に含まれています。

小松菜の煮浸し 〔1人分 100キロカロリー〕
写真

〔材料 2人分〕

小松菜: 300g
さつま揚げ: 小5枚
和風だし: 2カップ
酒: 大さじ1 
醤油: 小さじ1

〔用意するもの〕:包丁、まな板、ボウル、ザル、鍋など
写真
〔作り方〕

1.小松菜は根の先を切り落とし、根元の株に十字の切り込みを入れる。
  たっぷりと水を張ったボウルに入れ、振り洗いをして汚れを落とす。
  根元についた泥は、茎を広げて流水で洗い流す。
  ザルにあげて水気をきり、4センチほどの長さに切る。
2.さつま揚げは二つに斜め切りにする。
3.鍋に和風だし、酒、しょうゆ、さつま揚げを入れて火にかける。
  沸騰したら小松菜を加え、フタをして、強火で4分煮る。
  フタを取り、上下を返したら、火を止めてできあがり。

(注意)
◎和風だしを常備していなければ、水400ccにだしの素を2グラム加えてください。
◎色よく、歯ごたえよく仕上げるには、煮すぎは禁物です。
  小松菜の大きさや太さにもよりますので、途中で味見をして、
  ほどよいかたさのときに火を止めましょう。
◎ここでは、ちょっとボリューム感を出すために、さつま揚げを使いました。
  小松菜と組み合わせるのは、ほかに、油揚げや厚揚げでも。
   干し桜エビやジャコとあわせても美味。

By J.S. on Mar 2, 2010
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

Twitter
カテゴリ
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
スポンサードリンク

相互リンク 検索エンジン登録
ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank
スポンサードリンク
Related Link
Related Link 2

相互リンクBeef - 相互リンクの輪を広げる相互リンクBeef♪

SEO対策ならSEO Studio

相互リンク・探索マン

相互リンク

相互リンクPRO

相互リンク 募集ドットコム

相互リンクGoGo

自動相互リンク集アクセスアップのSEO対策に活用できる自動相互リンク集です。

相互リンクドクター!アクセスアップ

相互リンク99

相互リンクST 相互リンクSTでアクセスアップ!静的ページの相互リンク集

相互リンクなら相互リンクサーチ!

相互リンクプラザ

SEO対策相互リンク集 SEO-Alec
最新コメント
Counter
Online Counter
現在の閲覧者数:
リンク
プロフィール

jazusa

Author:jazusa
FC2ブログへようこそ!

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。